英語、パソコン、生活の学習方法

FrontPage

文字サイズ:

3月15日 英語ページ更新
1月25日 英語ページ更新
1月15日 英語ページ更新
9月26日 英語ページ更新
8月11日 英語ページ更新

学習について

 新しい知識を身につけるとき、子供と大人では、それぞれに違った学習方法があると思います。いろいろな経験を積んできた大人にとって、その経験を活かしたアプローチが有効になることもあれば、邪魔になることもあるのです。

 どんなやり方が自分に合っているのか?その辺は、個人の性格も影響するでしょう。さらに、生きてきた過程とか、職業なども・・・。 重要なことは、興味を持っていること、そして、やり続けることではないかと、わたしは考えています。

 アウトプット

 学んだことを実際にやってみることも必要です。よく記憶力の低下が話題になりますが、それは脳の中から情報(記憶)が消えているのではなく、必要な情報を選んで取り出す能力が低下しているのだということです。だから、学んでおしまいというのは避けたいところです。

 くりかえす

 私たちの生活で、ほとんどの動作が無意識に行われています。外出中に、ガスの元栓を閉めたかな、カギをかけたかなと不安になったりしますが、たいていは、元栓は閉まっているし、カギもかかっています。これは、同じ動作を繰り返していると、あとは潜在意識が自動的にやってくれるようになるからです。

 いったん忘れる

 学習に限らず、「休憩」をとることは、とても重要です。いくら練習してもできないので、あきらめて寝たら、次の日できるようになっていた・・・こんな経験は、多くの人が持っているはずです。いくら考えても答えが見つからないときは、いったん意識を他のものに振り向けてみましょう。

睡眠の重要性

 睡眠が記憶を強化させることは、とても有名です。睡眠中に見る夢は、その日に入ってきた情報をバラバラに断片化して、脳内で整理するために、改めて組み立てている作業であると言われています。

 そのため、学習効率を高めるためには、できるだけ、学習の合間に睡眠をはさむようにしたいものです。たとえば、10時間の学習時間があるとするなら、1日に10時間を使うことは避けて、2時間を5日間、さらには、1時間を10日間といったかんじで、細かく刻んだ方が記憶に定着しやすいのではないでしょうか。

 余談ですが、「語学の学習は、寝る前がいい」という話を聞いたことがあります。夢の中で、外国語を話していたら、それは、学習が進んでいる証拠と思っていいでしょう、きっと!

問題を解決すること

 英語や数学の問題を解くことも、日常生活で起こった問題を解決することも基本的には同じ作業だと考えています。そこで重要になるのは、どの選択肢を選ぶかではないでしょうか。例えば、「元の状態に戻す」のか?「新しい状態に作り直す」のか?「何もしない」という選択だってあり得ます。

 方向性が決まったら、次に、問題をバラバラに分解したり、ひとつひとつ時間をさかのぼったりして、モヤモヤしている状況に具体的な形を与えて「見える化」していきます。そうすることで、具体的な対策も生まれ易くなるはずです。

 どんなに大きく見える問題でも、それをストレスに感じないで、「暇つぶし」か「頭の体操」に過ぎないと認識してしまいましょう。

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional