英語、パソコン、生活の学習方法

パソコン

文字サイズ:

Top / パソコン】

パソコンを生活に役立てる

 コンピューターは、作業時間を短縮してくれたり、生活を豊かにしてくれます。たとえば、文章作成、事務的作業から年賀状管理やデザインまで、パソコンでの処理が主流になってきました。より正確で、処理スピードも速いからです。

 こんなに便利でありながら、操作は、けっして難しいものではありません。なぜなら、コンピューターは計算機にすぎないのです。電卓を使ったことがある方なら、誰でもマスターできるでしょう。

インターネットを利用する

 電話のあるところなら、どこでもインターネットに接続できます。現在では、携帯電話やモバイル端末など、どこにでも持ち運べる形態のものも人気があります。

 一番、役立つのが、情報の検索でしょう。いつでも、近くにある病院やお店の電話番号、予約状況、周辺地図などを調べたりできます。おもしろいのが、世界中のインターネット利用者とつながっているため、びっくりするくらいマニアックな情報にもたどり着くことができるのです。たとえば、子供のころに見たテレビのコマーシャルのBGMに流れていた歌を聞けたり、外国の小さな町の路地裏が見れたりと情報の領域が広がります。

ホームページを作る

 インターネットでウェブサイト(ホームページ)を作成して、公開する大まかな流れは、

  1. スペースを借りる
     インターネット上でページを公開するスペース用に、有料、または無料のレンタルサーバ内に領域を確保しなければなりません。これは、家を建てる土地を持つイメージです。上級者は、自分でWEBサーバを構築します。
  2. ページを作る
     ホームページを作るためのコンピュータ言語を使って、ページを作ります。言語の種類も、骨組み系、デザイン系、動作系、データベース系など作業工程によって様々あります。
  3. アップロードする
     自分のパソコンで作ったページをサーバに移動(アップロード)させるためには、専用のソフト(無料)が必要になります。

といったところでしょうか。

 他にも、ウェブサイト作成ツール・ソフト、CMS(Content Management System)などを使うと、コンピュータ言語を知らなくてもホームページを作ることができます。中には、ブログを更新するように簡単に作れてしまうものもあります。

バックアップの重要性

 バックアップとは、データのコピー(写し)を保存しておくことで、たとえば、コンピュータが不測の事態などで故障してしまったときに、元の状態に戻すことができます。作成した文章や表といったものから、コンピュータのプログラムやシステムまで、できるだけ最新のものをコピーして保存しておきましょう。

 なお、バックアップを保存する場所として、端末内のハードディスクを区分けした領域(Dドライブなど)が選ばれますが、コンピュータ自体が立ち上がらなくなることも考えられるので、外付けのハードディスクなど他のメディアに保存することをおすすめします。(つまり、元データと複製データは、できるだけ離して管理してください)

無料ソフトを利用する

 フリーソフト(フリーウェア)とは、無償で提供されているパソコン用のソフトウェアです。これで無料なの?と思えるくらい、使いやすく作られており、ジャンルも多岐にわたってあるので、自分の用途にあったものが見つかると思います。

ダウンロードの流れです。

  1. 使いたいソフトをウェブサイトから自分のパソコンにダウンロードします(デスクトップなどに保存してください)
  2. ダウンロードしたデータは、圧縮されているので解凍してください
  3. 解凍したEXEファイルを起動します(インストールが始まります)
  4. 自分のパソコンにソフトが使用できる環境が作られ、利用できるようになります

 以下、たくさんの良質なフリーソフトを紹介しているサイトを紹介いたします。中には、有償版やシェアウェア(試用版、一定期間無料など)もあるので、ご確認をお忘れなく。

窓の杜
Vector

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional