英語、パソコン、生活の学習方法

英語/英語表現・博物誌/ラ行

文字サイズ:

Top / 英語 / 英語表現・博物誌 / ラ行】

龍涎香

海岸を歩いていて、不思議な石を拾ったら、
その物体に一千万円の値が付いた。
夢のような話であるが、それは実話である。

そして、その物体こそ、”ドラゴンのよだれ”と呼ばれる
「龍涎香(りゅうぜんこう)」だ。

昔から、香料・香水の原料にも使わているが、
その正体は、クジラの腸内で消化されなかったものが、
固まってできた結石とされている。

英名「ambergris」の語源は、フランス語で、
”灰色の琥珀(こはく)”を意味する。

その名の通り、色はグレーをメインとして、
黒っぽかったり、マーブル模様だったりと様々。

排せつ物が、お宝になるのは、究極のリサイクル・・・。

ルートビア

「根っこのビール」を意味する「Root Beer(ルートビア)」は、植物の根やハーブなどを原料とした炭酸飲料で、名前に「ビール」とついてはいるが、アルコールは入ってない。ちなみに、カナダで風邪をひいたときに温めて飲むという知恵袋を聞いたことがあるが、試したことはない。

湿布や歯磨き粉のような独特の味がして、自分も初めて飲んだ時は、すぐに吐き出してしまった。しかし、不思議なもので、慣れてしまうと病み付きになってしまい、バーガーを食べる時のソフトドリンクは、コークやペプシより、断然、ルートビアだった。(もしくは、ドクター・ペッパーか)時々、「A&W」ブランドのものは、日本でも見かけることがある。

そして、この飲み物の主原料であるリコリスという甘みの強い植物は、
「licorice candy(リコリス飴)」でも有名。

これは、北米ではポピュラーな真黒いキャンディで、30センチくらいの細長い棒状の固いグミのような歯ごたえをしている。なお、このキャンディは、真っ赤なチェリー味も人気が高く、その棒をねじった「twister」は、個人的な常備薬として常にカバンの中に入っていた。

日本の駄菓子屋に「チェリオ」があるように、
北米のキャンディーストアには「ルートビア」がある。

ちなみに、
「Candy Store」は日本の駄菓子屋を意味する。

ルームランナー

健康器具であるルームランナーは、スポーツ・ジムでも定番のマシンで、ウォームアップなどにも利用されている。もちろん、市販もされているので、家の片隅に置いてある人もいるであろう(おそらく、ほこりをかぶって・・・)。「ランニングマシン」とも呼ばれ、地面の方が動いてくれるので、同じ場所で走り続けることができる。

ちなみに、このルームランナーであるが、英語名としては使えない。

英語では、「treadmill」で、
「tread(てくてく歩く)」と「mill(水車や風車にも使われる輪)」に分解できる。
もともとは、囚人や奴隷が踏んで回す動力装置だったそうな。

日本語には、「ルーム・ランナー」(直訳すると「部屋で走る人」?)に似た単語も多く存在していて、たとえば、「陸サーファー」とか「畳スイマー」などが近いだろうか。英語でも、家の中で釣りの本を読んだり、地図を広げて空想している釣り人を「armchair fisherman」と呼ぶんだそうだ。

どちらも、ちょっぴり否定的なニュアンスで使われているのが面白い。

レーション

コンバット・レーション(戦闘糧食)は、戦場で戦う兵士たちを支える大切な食料だ。日本でも「ミリメシ(ミリ飯)」と呼ばれてファンが多い。そして、アメリカ軍が配給するMREは、世界で最も有名なレーションだろう。「MRE」とは、「Meal, Ready-to-Eat」の頭文字をとった略称である。

厚手の色付きビニール製袋(市販されている米袋に近いか)に梱包された携帯用食料で、中には、レトルトパックにされた一食分の食料品や飲み物などが入っている。メインのおかずは、パスタ系、肉団子、シチュー、ビーンズ(豆料理)など種類が豊富で、特に、チキン・ブレストやボンレス・ポークなど固形のものにBBQソースをかけるタイプは見た目もよい。

楽しいひと時は、すべての袋と箱を梱包袋から取り出すところから始まる。

ヒーター(使い捨ての加熱器)の入った袋にメインディッシュのパックと少量の水を加えて、
袋を食品パックの入っていた箱に戻して立てかけておく。じきに蒸気が出てくる。
(ちなみに、立てかける図の説明文「Rock or Something(石か何か)」はマニア達の合言葉にもなっている?)

温めている間、他の食材を袋から取り出してトレイに移す。

飲み物作成用袋(Beverage mixing bag)に粉末ジュースと水を入れてシェイクする。
(袋には、メモリが入っているので水の分量もわかりやすい)

ちょっと硬めのパンやクラッカーにピーナッツバター、ジャム、チーズスプレッドを塗っておく。
(同封されているプラスチック製のスプーンを使う)

・・・他にも、食料と一緒に梱包されている「アクセサリーパック(Accessory pack)」の中には、
ナプキン、ウェットティッシュ、塩、コショウ、インスタントコーヒー、砂糖、タバスコソースの小瓶、チューインガム、マッチ(昔は、煙草も入っていたらしい)などがワンセットになっている。

もしも、タバスコソースの小瓶にグッときた人がいたら、
その人は、ウィスキーの小瓶コレクターに違いないはずだ!

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional